俗に『しけた面(ツラ)』といえば、ぱっとしない雰囲気を指すと思います。

ちなみに『しける』とは暴風雨で海が荒れるという意味の『しけ』を動詞化したものです。

風雨で海が荒れること、さらに海が荒れて不漁であることを意味することが転じ、不景気であることや金回りが悪いことを意味するようになりました。

この『しけたツラ』について、アメリカの心理学者であるテリー・F・ペティジョン2世が『不景気な顔』と『景気のいい顔』に分けて具体的に研究されたそうです。

興味を引くのは、分析した題材がグラビア誌の人気モデルの写真だったことです。

 

グラビア誌の人気モデル写真から、一体、どんな分析結果がでたのでしょう!?

本当に、顔だけで景気の善し悪しが解るのでしょうか!?

今回は、そんな気になる所を探ってみたいと思います。


アメリカの心理学者テリー・F・ペティジョン2世の研究

storage-1209059_960_720

 

仮説『米国では景気と顔の造作には相関がある』

concept-1868728_960_720

ペティジョン2世は1999年、『環境保障に関する仮説』という論文を発表しました。

その仮説とは、『米国では景気と顔の造作(人気モデルや女優、歌手)には相関がある』というものです。

それによると、不景気なときには『安心感』をもたらす顔が人気だと言います。

キーワードは、独立心、力強さ、専門的、成熟、支配的、悪賢さ。

具体的にいうと、『面長』『目が小さい』『顎が尖っている』顔だと言います

 

こういう顔が、『不景気をものともしない頼れる女性』とアメリカ人は感じてるようです。

一方、景気がいいときには『若々しさ』が人気になるそうです。

キーワードは、ナイーブではない熱気、やさしさ、無邪気さ、誠実さ。

具体的には『ぽっちゃり顔』で『大きな目』、『ふっくらとした頬』、『なだらかな顎』です。

こうしてみると景気のいいときは、『好景気を表す平和的なゆとりある感じ』がアメリカ人には好まれるようです。

(私自身は、『安心感』というと景気のいい顔のほうが、『安心感』をもてるのですが、これは個人的な好みの差でしょうか…。)

 

女性ヌード写真の分析仮説は…

ashleydupreplayboy

出典:http://www.nbcchicago.com/news/local/Naked-Truth-P…

ペティジョン2世は2004年、この仮説を裏付ける研究を行い発表されました。

有名男性誌『PlayBoy』ラビア写真を40年間(1960~2000年)分、分析した結果のようです。

同誌のグラビアはご存じのとおり、『プレイメイト』と呼ばれる女性のヌード写真です。

(同誌は2016年3月からヌード写真掲載を止めると発表しています。)

この研究で、彼の仮説は見事立証されました。

景気が悪いときには、『面長』『目が小さい』『顎が尖っている』顔が人気。

景気が良いときには、『ぽっちゃり顔』で『大きな目』、『ふっくらとした頬』、『なだらかな顎』の顔が、人気になることがわかったと言います。

ですが、顔の研究なのに、何故ヌード写真を分析したのか?

さらには、何故女性の顔だけだったのでしょうか?

という疑問が残る『トンデモ研究』だという気がしなくもないです。

 

音楽雑誌ランキングによる分析結果

bbl1

出典:http://past-orange.com/po_sp/?p=3811

名誉挽回のためなのか、ペティジョン2世は2014年、今度は別の雑誌を分析して結果を発表しました。

音楽雑誌『ビルボード』ランキングにおけるレコード(CD)売り上げ数と、ラジオオンエア数のトップを飾ったグループミュージシャンを、1946~2010年までの約50年分、分析したそうです。

それも今回は、女性ばかりでなく男性の顔も分析されました。

その結果、やはり仮説と同様な結果が得られたといいます。

こうして、ペティジョン2世の15年に及ぶ研究は、終止符がうたれました。

しかし、これは米国での研究結果であり、実際に日本にも言えるのかどうか!?

そこで次は、日本の音楽シーンから検証してみたいと思います。

スポンサーリンク

『不景気な顔』と『景気のいい顔』、日本での検証

dollar-exchange-rate-544949_960_720

では、日本でもこのペティジョン2世の仮説が当てはまるのでしょうか!?

検証して見たいと思います。

ちょっと古いですが、第一次オイルショックの翌年、1974年のヒット曲ランキングを、日本のオリコンチャートの結果から見てみます。

  • 第1位『なみだの操』(殿様キングス)
  • 2位『あなた』(小坂明子)
  • 3位『うそ』(中条きよし)

です。

前年のオイルショックは、戦後謳歌してきた高度経済成長を根底から覆し、日本列島の景気はギンギンに冷えていました。

ですが、『小坂明子』はまん丸ですし、若い『中条きよし』も目がパッチリです。

ペティジョン2世の仮設と正反対です。

さらに100年に1度の大不況と言われたリーマンショック後、最も完全失業率が高かった2009年は、どうでしょうか!? 

同じく当時のオリコンチャートから見てみます。

ヒット曲ランキングは、

  • 1位『Belive/曇りのち、快晴』
  • 2位『明日の記憶/Crazy Moon~キミ・ハ・ムテキ~』
  • 3位『マイガール』

と、上位すべてをジャニーズのアイドルグループ『嵐』が占めていました。

4位が61歳の秋元順子の『愛のままで』。

どちらかといえば、あまりシャープ顔ではないです。

それでは、空前の好景気バブル真っ盛りの1990年のランキングをどうなっているでしょうか?

  • 1位『おどるポンポコリン』(B.B.クイーンズ)
  • 2位『浪漫飛行』(米米CLUB)
  • 3位『今すぐKiss Me』(LINDBERG)

このときのほうが断然、ミュージシャンの顔がシャープな気がします。

スポンサーリンク

国の文化と民族的感性の差!?

gahag-0074795189-1

グラビア誌の写真ではなく、音楽シーンに限ってですが、日本での『景気のいい顔』と、『不景気な顔』を検証してみました。

結果、日本と米国では、景気と顔の相関は逆なのかもしれません。

これは私自身の勝手な調査で、断言できるものではないですが、この違いは国の文化と民族的感性の差にあるような気がします。

実際に検証するのであれば、日本でも人気のあった、今はなき日本版『PlayBoy』を調べてみる必要があるかもしれません。