季節によってや、お身体の様子によってお肌って乾燥してカサカサしてきますよね。

中でも、乾燥肌で悩んでいる女性は想像以上に多いようです。

顔の一部分だけがカサカサしたり、粉を吹いたり・・・

対策や方法ってあるのでしょうか?

誰かと話していても、顔ばかり見られているような気がする・・・。

そんな乾燥肌を撲滅するために、ここではすぐにできる対策と根本から乾燥肌を解消する方法について考えてみます。


お好きなところからどうぞ

肌が『カサカサ』になる5つの原因

乾燥肌で顔がカサカサ粉を吹いて恥ずかしい!対策と根本から解消する方法

お肌が、カサカサになる要因を考えると、空気などの外的要因生活習慣などの内的要因があります。

 

【外的要因】

1.空気の乾燥による水分量の低下

空気の乾燥は、冬に手足がカサカサになる人も多いので、分かりやすいと思います。

 

2.メイクにより肌に負担がかかっている

メイクの仕方も、ファンデーション選びや塗り方ひとつで、良くなることもあれば悪くなることもあります。

 

【内的要因】

3.加齢により水分を保つ成分が失われる

加齢も、肌の乾燥を進ませる原因になります。

体のさまざまな機能が衰えていきますが、肌に関する機能も同じなのです。

 

4.睡眠不足による肌荒れ

睡眠不足は、お肌の大敵です。

寝不足が続くと、肌荒れが起きるという経験は、誰にでもあるのではないでしょうか。

 

5.肌に必要な栄養が不足して肌再生が滞る

きちんと3食食べているつもりでも、バランスが偏っていると栄養不足に陥ります。

栄養不足になると、肌に必要な栄養が行き届かず、健康な肌が作られなくなります。

 

これらの内的・外的要因は、次に書き込む『乾燥肌を招く6代原因』に、相似しますが、カサカサお肌を招かないための心がまえとしては、大切なこっとして、その要因として紹介しました。

 

乾燥肌のきっかけ6つの原因

乾燥肌で顔がカサカサ粉を吹いて恥ずかしい!対策と根本から解消する方法

乾燥肌の原因は様々ですが、根本的な原因を改善しないと乾燥肌対策はできません。

そこで、乾燥肌を招く最も多い『6大原因』について考えてみます。

  1. 間違ったスキンケア
  2. 食生活
  3. 質の低い睡眠
  4. 加齢
  5. 紫外線
  6. ストレス

乾燥肌の原因を改善することで、ヒリヒリや肌の赤み、その他のトラブルから解消されますが、何よりも肌の悩みを抱えるストレスから解放されることが一番大切です。

肌トラブルは、決して表面的な事だけが、原因とは簡単に言い切れません。

乾燥肌は、時には体の異常を知らせる『危険信号』になる場合もありますので、決して油断してはいけません。

では早速ですが、ぜひ知っておきたい乾燥肌の『6大原因』についてまとめましたのでぜひ参考にしてください。

 

【間違ったスキンケア】洗顔のやり過ぎ

乾燥肌の原因になる最大の特徴がスキンケアです。

間違ったスキンケアを続けていると肌の負担になり、本来肌が持っている潤い機能が乱れてしまいます。

保湿が不足したり、洗いすぎで皮脂を落としてしまったりすると、いつまでもカサカサ症状は、改善されません。

特に多い間違いが洗顔のやり過ぎです。

 

洗顔をしすぎると、大切な皮脂までなくなります。なくなるので過剰に分泌する原因にもなります。

皮脂は、そもそも肌を乾燥から守る為に分泌されるもので、洗顔のやり過ぎは、皮脂のバランスを崩してしまうため、乾燥肌になりやすい落とし穴があります。

また、毎日使う化粧水などの基礎化粧品の成分にも注意するkとが大切です。

添加物の多い化粧品アルコール成分が強いタイプは、大切な肌のバリア機能を弱めるため、角質層の水分がどんどん外部に放出されてしまいます。

 

【食生活】注意したい添加物

乾燥肌の原因と、食事はとても大切な関係があります。

肌の状態は栄養バランスを示すサインにもなりますので、乾燥肌が続く時は日頃の食生活を見直してみましょう。

乾燥肌の原因になる食事は、野菜や果物のビタミン不足がまず考えられます。

ビタミンCは、美肌成分としてお馴染みですが、それだけでなく肌の炎症を抑えるビタミンA、ビタミンBなどもバランスよく摂取することが大切です。

また、たんぱく質も、肌のターンオーバーを活性化する働きがありますので、乾燥肌の原因は食事でバランスを整えることが大切ですよ。

 

スナック菓子や添加物の多い食事は皮脂のバランスを不安定にする働きがありますので食べ過ぎにご注意くださいね。

例えば、こんなことで食生活のバランスが保たれるのではないでしょうか。

 

たんぱく質

角質の主成分で、肌を作るために欠かせない栄養素です。

大豆、卵、牛乳、肉、魚など。

 

脂質

肌を守る皮脂を作る元になり、肌細胞を作る活動の源にもなります。

植物油、ごま、ナッツ類。

 

ビタミンA

肌や粘膜のうるおいを保ち、代謝をうながします。

緑黄色野菜、レバー、乳製品、卵黄など。

 

ビタミンB群

脂質の代謝や粘膜の保護をうながし、健康な肌を作ります。

レバー、乳製品、卵、大豆など。

 

ビタミンC

コラーゲンの生成をサポートする成分です。

柑橘類、イチゴ、ピーマン、ブロッコリーなど。

 

ビタミンE

抗酸化作用を高め、肌の老化を予防します。

植物油、ナッツ類、海藻類。

 

質の低い睡眠 :知っておきたい『ゴールデンタイム』

乾燥肌の原因は睡眠がとても大切なカギを握っています。

肌は古い角質層から新しい角質層へ生まれ変わるターンオーバーと呼ばれる働きがありますが、乾燥肌の原因になる睡眠不足は、新陳代謝を不安定にする要因の一つ。

また、夜10時から深夜2時までの間は『肌のゴールデンタイム』とも呼ばれ、成長ホルモンの働きが最も活発になる時間の為、乾燥肌を改善するために大切なのです。

肌は、夜寝ている時に作られると言います。

 

深夜まで起きている方、寝不足の方は朝肌が荒れていたり、ニキビなどのトラブルも多いですよね。

まずは規則正しい生活を意識してみましょう。

乾燥肌の原因は睡眠の質を高め、そしてスッキリ朝目が覚めるような快眠が大切ですね。

 

【加齢】予防したいお肌の老化

乾燥肌は、加齢も原因の一つです。

実際にはあまり実感することは少ないのですが、肌の老化は20代後半からすでに始まっています。

乾燥肌になるのは肌のうるおい成分のコラーゲンや、ヒアルロン酸が加齢とともに減少することが原因です。

アンチエイジング化粧品でしっかり保湿をしても、なかなか乾燥肌がしっとりと改善されないことがありますよね。

そして、体の様々な機能が衰えて行くことで、肌に関する機能も同様に低下して行きます。

 

肌の乾燥を改善するには、肌の細胞の働きを活性化することが必要なのです。

乾燥することで肌が伸縮性を失い目尻などの皮膚が薄い部分はシワができやすくなりますよね。

浸透性の高い、保湿有効成分をしっかり肌に与えて乾燥予防することがオススメです。

また、サプリメントなども肌の栄養補給に効果的ですよ。

 

【紫外線】お肌のためにも日焼け対策を

乾燥肌の原因の一つが、紫外線にもあります。

日頃から日焼け対策をしっかり行っている方も多いと思いますが、紫外線は肌に与える悪影響が多く、特に乾燥肌の原因として紫外線には要注意です。

紫外線は、肌の角質層内にある水分を奪いキメがあらくなる原因です。

また、紫外線は体内で大量に活性酸素を発生させる働きがあるため、体の細胞が老化する要因にもなってしまいます。

活性酸素は、外部の刺激を守る肌のバリア機能を破壊する働きもありますので、紫外線のダメージもダイレクトに受けてしまう悪循環が続いてしまうのです。

外出する時は日焼け対策をしっかり行いましょう。曇り空でも紫外線を多く浴びてしまうので注意が必要です。

 

ストレス解消を

乾燥肌の原因にストレスがあります。

知らないうちに溜まっていくストレスは、ホルモンの働きを乱す為、皮脂の分泌やターンオーバーを乱す原因になります。

乾燥肌を改善するためには、ストレスと上手に付き合うことも大切ですね

アロマヒーリングなど、リラックスできる環境を整え、ストレス解消を意識することですね。

ストレスにより健康を害する方が増えています。

乾燥肌は体調不良のサインでもありますので、肌の状態には敏感になることが大切ですね。

スポンサーリンク

【乾燥肌対策】適切なスキンケア5つのポイント洗顔編

乾燥肌で顔がカサカサ粉を吹いて恥ずかしい!対策と根本から解消する方法

乾燥肌は、間違ったスキンケアも原因の一つです。

間違った方法で、毎日お肌のお手入れをしていると肌環境が不安定になり、健康な肌も、乾燥肌になってしまいます。

保湿が不足していたり、洗いすぎで皮脂を落としてしまったりと、間違ったスキンケアをしていると、いつまでも症状が改善できません。

顔がガサガサになるほど乾燥してしまうと、しっとり肌に改善するのはとても大変です。

 

何気なく繰り返すスキンケアを見直して、早速乾燥肌対策をはじめることが良いでしょう。

乾燥肌の方は、毎日行うスキンケアが肌の健康を左右する大切なポイントです。

乾燥肌をそのまま放置してしまうと、シミシワもできやすくなり、さらに皮脂の分泌も不安定になるため肌のトラブルの原因にもなってしまいますよ。

 

メイク落としのタイミング

何気なく毎日繰り返すスキンケア。

しかし、正しいと思っている方法が実は、乾燥肌を招く原因になっているかもしれません。

その一つがメイク落とし。

毎日クレンジングでメイクを落とす作業は、肌に負担を与える為、できるだけデリケートに行うことがポイントになります。

そして多くの方が、間違っているのがクレンジングのタイミングなのです。

 

意外な落とし穴が、入浴前のクレンジングです。

乾燥肌の原因になるのは、お風呂の蒸気により肌の水分がどんどんなくなってしまうため。

一番の理想は、お風呂上りのタイミングにクレンジングをすることですが、抵抗がある方は、クレンジングをした後に、オイルを肌につけてから入浴すると良いでしょう。

水分を閉じ込め、しかも入浴中にマッサージもできるメリットがあります。

 

クレンジングのポイント

乾燥肌のクレンジングは、コツを掴んで肌に優しく行うことです。

そもそも、毎日使うクレンジング剤ですが、この成分には界面活性剤など肌に刺激となる成分が配合されています。

濃いメイクを綺麗にしたい時は、クレンジング剤だけに頼るのでなく、はじめにアイメイクなどはふき取っておくと良いでしょう。

乾燥肌のクレンジングのコツは、とにかく手早くメイクを落とすことです。

 

刺激成分が長時間肌に付着すると、皮脂のバランスも悪くなり乾燥する原因です。

また乾燥肌の場合は、クリームミルクタイプのクレンジング剤がオススメです。

ジェルタイプは、メイク落ちはとても良いのですが、保湿効果が少ないため乾燥肌には不向きです。

保湿成分が配合された、クレンジング剤を選ぶと良いでしょう。

 

洗顔のポイント

乾燥肌の洗顔のコツは、優しく洗うことが一番大切なポイントです。

肌をごしごし摩擦すると、メラニン色素も活発になるためシミができやすくなる要因にもなりますよ。

乾燥肌の洗顔のコツは、泡をたっぷり使うことです。

泡の粒を、毛穴の中に押し付けるようにして洗うことがポイントになります。

乾燥肌の、洗顔のコツは肌のうるおいを守る皮脂を洗いすぎないように注意する点も忘れてはいけません。

毎日使う洗顔料は、洗浄力を重視するよりも、保湿効果の高いマイルドな洗浄力のものが、低刺激で無添加、肌に負担の少ない天然成分中心の泡立ちの良いものがおすすめです。

 

その点、固形洗顔せっけんは、お肌にも安心で、泡立ちが良いこともメリットですね。

そして、泡洗顔をするときは、泡立てネットを使って、もっちりした泡で洗顔をすると良いでしょう。

すすぎも時間をかけて、綺麗に石鹸成分を落とさないと乾燥が、悪化する原因になりますから、丁寧にしっかりと行うことが良いでしょう。

 

洗顔後のふき取り

乾燥肌の洗顔後は、ふき取りも注意したいですね。

タオルでごしごし顔をこすってしまうと、角質層を傷つけてしまうためバリア機能が破壊される原因でもあります。

角質は、厚さがたったの2㎜程度しかありません。

洗顔後は、肌が水分を吸収して柔軟になっていますので、そこでごしごし刺激を与えてしまうとダメージがありすぎです。

 

乾燥肌の洗顔後のふき取りは、柔らかいタオルで押し付けるように水分を吸収させましょう。

また毎回使うタオルは、清潔なものを使うように心がけましょう。

タオルは雑菌が残りやすい為、繰り返し同じタオルを使うとニキビなどのトラブル原因にもなってしまいます。

乾燥肌を改善するには洗顔後のふき取りを始め、あらゆる角度からのケアが大切になります

 

洗顔後の保湿

乾燥肌は、洗顔後の保湿がも大切です。

肌の汚れを取った後は大切な水分を補い、肌の働きを活性化させることが大切です。

乾燥肌の保湿といっても方法はさまざまです。

化粧水をつけているから安心、なんて油断をしていると肌の水分はどんどん逃げているかもしれません。

化粧水や乳液、美容液を見直しことも必要になりますね。

そこで、乾燥肌対策に必要な保湿の基礎についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

化粧水の選択基準と正しいつけかた

乾燥肌で顔がカサカサ粉を吹いて恥ずかしい!対策と根本から解消する方法

乾燥肌の化粧水の選び方で、まず注意したいのは配合成分です。

肌に刺激となる添加物は、なるべく避けたいですね。

また、乾燥肌を改善するための保湿有効成分もチェックしたいですね。

コラーゲンヒアルロン酸などの美容成分は、肌の乾燥を予防してしっとりさせる効果があります。

 

乾燥肌の化粧水を選ぶときは、肌タイプに分かれているもの、もしくは無添加化粧品で、肌に安全であるタイプがおすすめになります。

初めて使う化粧品ブランドは、自分の肌タイプにあうかどうか調べることが大切です。

お試し化粧品やサンプルなどを使って、試してみることですね。。

乾燥肌は、とても敏感であることも特徴ですので、アルコールなどの刺激の強い成分は避けて、浸透性の高い保湿化粧水を選ことにしましょう。

 

化粧品の添加物も危険?

無添加化粧品が、最近はとてもブームになっていますが、添加物により肌に与える刺激にとても敏感になっている方が増えています。

そこで、化粧品の添加物は肌にどのような影響を与えるのか、添加物の種類とダメージなどは、どのように影響するのか、化粧品に配合される添加物の種類は、様々ありますので、考えてみます。

注意したいのは、肌に悪影響を与える化学物質です。

有害な添加物は、肌の乾燥やバリア機能を破壊する働きもあり、せっかくのスキンケアも、負担になる可能性があります。

アレルギー疾患の誘発や喘息の原因になるものが、

  • 人口香料
  • 人工着色料
  • 鉱物油
  • 人口界面活性剤、
  • 人口防腐剤

など。

これらの化学物質の添加物は、分解されずに肌に蓄積されてしまう恐れがあります。

しかし、添加物といってもすべてが肌に悪影響を与えるものばかりではありません。

化粧品の働きを安定させ防腐の目的で使用される刺激の少ない添加物は、実はオーガニック化粧品でも使用されています。

現在使われる添加物として

  • メチルパラベン
  • サルチル酸
  • コカミド
  • 水酸化レシチン

などは肌に刺激が少ないタイプです。

これらの化学物質を使用しないと、手作り化粧品のように保存期間が大変短くなってしまいますので、最低限の添加物はどうしても製造段階で必要になっています。

完全に、オーガニックにこだわる化粧品も実際には存在しますが、製造コストがかかるため、値段が高くなる傾向があります。

化粧品の添加物は、人体や肌に影響を与える刺激物と、安心できる成分の違いを理解して化粧品を選ぶことが大切ですね。

 

無添加化粧品のメリットについて

肌に刺激となる添加物は、皮脂のバランスをくずしたり乾燥する原因になります。

また肌の細胞の老化を進める為、なるべく添加物が使用されていないタイプを選ぶことが大切ですね。

人気の無添加化粧品には、人口保存料や香料、防腐剤などを使用せず、肌に刺激の少ない化学物質を配合しています。

敏感肌や乾燥肌でも使える化粧品は、これらの刺激成分を除いているため、肌にメリットになりますよね。

そこで大切なのは、自分の肌に合うか購入の際にチェックすることです。

 

ある意味、お試し化粧品や返金制度がある化粧品を使うと安心ですね。

成分配合や添加物の心配がある場合は、化粧品メーカーに問い合わせてみましょう。

市場に流通している化粧品には、何かしらの化学物質が使用されていますが、有害であるかどうかを見極めることが大切になります。

化粧品に関連するクレームで多いのが人口香料人口着色料によるものと言われていますが、天然成分や植物成分由来にこだわって選ぶことも必要ですね。

スポンサーリンク

美容液の選び方と乾燥肌対策9つのポイント

 

乾燥肌の美容液の選び方で意識したいのは保湿効果です。

そもそも、美容液は化粧水で水分を補うのに対し、油成分などを配合したタイプもあり、目的や効果が違います。

乾燥肌の美容液の選び方で大切なのは保湿成分です。

コラーゲンセラミドなどの、潤い成分が配合されているかどうかを確認してみましょう。

また、美容液はさらっとしたタイプや、粘着性の高いタイプまでテクスチャーも色々あります。

 

乾燥肌の美容液は、肌に密着するテクスチャーがおすすめです。

さらっとするタイプには、界面活性剤が使用される場合もありますので、できるだけ刺激の少ない美容液を選びましょう。

美容液をつける時は、乾燥が激しい部位をポイントごとに重ねつけなど、工夫するとさらに効果的です。

 

セラミドの成分

乾燥肌のセラミド配合の美容液を選ぶときは、ヒト型セラミドタイプが保湿効果も高く、刺激を抑えている点もメリットですね。

さらに乾燥肌は、肌の柔軟性が少ない為、浸透しやすいセラミドを選ぶことも必要。

そもそもセラミドは、石油原料で化学合成したタイプ植物性セラミドなどの異なる種類がありますので、それぞれの特徴を理解しておくことも大切ですね。

 

セラミド美容液は製造コストがかかる為、あまり値段が安いタイプでは、含有量が少ない恐れもありますので、目安としては3000円以上のタイプが良いでしょう。

配合量がきちんと明記されているかも必ずチェックしてくださいね。

 

プロテオグリカン配合美容液

乾燥肌には、保湿成分を補うことがスキンケアの基本です。

ヒアルロン酸は、水分を角質層に蓄える働きがある美容成分として有名ですが、さらに、保湿効果が高いのがプロテオグリカンですね。

美容液にも使用される成分として、近年とても話題になっています。

 

プロテオグリカンには、乾燥肌の改善、そしてアンチエイジングとしても効果があり、肌がつるつるになるメリットもあります。

たっぷりの保湿効果は肌を、内側から持ち上げる働きがあり、新しい美容成分として多くの化粧品メーカーも注目しています。

ヒアルロン酸入りの美容液で、あまりしっとり効果がなかった方は、プロテオグリカン配合の美容液も参考にしてみましょう。

 

乾燥肌にピーリングは大丈夫?

乾燥肌で、ピーリングをするときはいくつかの点に注意しないといけません。

ピーリングは、古い角質をはがして新しい角質層を生成する目的があります。

加齢や乾燥により、古い角質が残ってしまうと、肌のくすみの原因にもなってしまいますよね。

乾燥肌のピーリングを行うときは、肌に刺激が少ないピーリング剤を選ぶことが大切です。

 

乾燥肌がピーリングをすると健康な角質層を取り戻せる為、美肌にメリットになる点がたくさん。

しかし、ピーリングは肌に刺激がある為、安心して行う為には美容サロンなどで相談するのも良いでしょう。

自分で市販のピーリング剤を使う場合は、必ずアフターケアの保湿をしっかり行ってくださいね。

 

パックで乾燥肌を改善できる?

スキンケアで、パックを定期的に行う方がいますが、パック剤にはそれぞれ目的があり、乾燥肌にもメリットがあります。

しかし、乾燥肌のパックは間違ってしまうと逆に、肌環境が悪くなり、症状が悪化する恐れもありますので注意が必要です。

パックは、シートタイプクリームタイプなど種類が色々ありますが、パック中に水分が蒸発してしまう可能性もありますので、乾燥肌はオイルパックなど皮脂を補うタイプがおすすめですね。

またパック中は、ラップで肌の水分を閉じ込めるなど、工夫をして使う点も重要ですね。

乾燥肌のパックは、保湿効果が高いものを選び、それぞれの商品の使い方を守り定期的にスキンケアに取り入れましょう。

 

【乾燥肌対策】ワセリンの使い方が超重要

乾燥肌の油成分としてワセリンがとても効果的です。

保湿効果が高く、全身で使える点がメリットですよね。

手荒れの激しい乾燥肌にワセリンは、水仕事から肌を守る為に効果的です。

また、全身のあらゆる乾燥部位にも使える為、お風呂上りに気になる部分につけると効果的です。

リップクリームとしても代用できるワセリンですが、顔に使う場合には注意が必要です。

 

ワセリンは、毛穴を詰まらせる原因にもなりますので、乾燥しやすい頬などには、まず化粧水で水分を与えた後に薄く伸ばしてつけましょう。

べたつきが気になる方は寝る前に使い、メイク前は避けたほうが安心です。

ワセリンは、添加物が使用されてない為、アトピーの改善にも効果がありますよ。

 

美顔器で乾燥肌は改善する?

乾燥肌には、美容器を使ったスキンケア方法があります。

最近では、美容器の種類も様々ありますが、エステだけでなく自宅で使える美容器が人気になっています。

アンチエイジング乾燥予防など様々なメリットがある美容器ですが、乾燥肌に効果があるのは、水分補給ができる超音波美容器です。

細かい振動により肌の血行を改善し、栄養がめぐりやすくなる効果があります。

また、肌を柔軟にしてキメが細かくなるなど、美肌効果も高い為定期的に行うと大変効果的です。

 

美容器は高額な商品が多く、専用のジェルなどを継続して使うデメリットがあります。

しかし、エステに通いフェイシャルマッサージを受けるよりは、長期的に見て安上がりかもしれませんね。

 

【紫外線対策】日焼け止めの選び方

乾燥肌は、紫外線対策が重要です。

日焼け止めは、刺激が強い成分配合されたタイプもありますので、乾燥肌の日焼け止めの正しい選び方について知っておきましょう。

日焼け止めは、紫外線散乱剤のみを配合したノンケミカルタイプと、肌に刺激が強い紫外線吸収剤タイプがあります。

乾燥肌には、ノンケミカルタイプがおすすめです。

 

紫外線散乱剤は、日差しを反射させて肌からブロックさせる働きがありますので、肌にも安全でしかも紫外線予防効果も抜群です。

SPFやPAの数値は、使う目的により選ぶこともポイントです。

乾燥肌は、紫外線のダメージを受けやすい為、できるだけ予防対策には注意したいですね。

 

代謝を向上することが乾燥肌対策になる

肌の代謝をあげる方法で乾燥肌対策を始めましょう。

化粧品だけでは肌の表面しかケアができませんが、本来の肌の働きを高める為には代謝力をアップさせることも必要です。

そこで、まず効果がある方法が有酸素運動です。

発汗作用が高くしかも血行改善になりますので、体内に溜まる老廃物を排出するのにとても効果的です。

代謝が悪くなると皮脂のバランスも悪くなりますので、乾燥やニキビのトラブルが増える原因です。

 

肌の代謝を上げる方法は、お風呂にゆっくりつかることもポイントの一つですね。

健康な肌を維持するためには、体のめぐりを活性にすることが必要なのです。

ターンオーバーが活発になると肌の細胞の働きが正常化し、皮脂の分泌が安定するため乾燥肌の改善にメリットですよ。

 

入浴のポイント

乾燥肌の入浴のコツは、ぬるめのお湯にゆっくりつかることですね。

最近はシャワーだけで済ませてしまう方が増えていますが、湯船につかるほうがお肌には効果があります。

乾燥肌を改善する入浴は、血行を改善させるのが目的で、ゆっくりリラックスできるため、ホルモンの分泌も安定しお肌には、効果的です。

さらに、肌の働きを活発にするには、入浴中のマッサージもおすすめです。

血行が改善されると毛穴も開き、詰まった皮脂や古い角質などの汚れも取れやすくなります。

 

ただ、マッサージというと、力いっぱいやってしまう人もいるのですが、軽くさするくらいでOKなんです。

それくらいの優しい力で、肌の血行は十分活性化されます。

また、保湿化粧品の浸透性を高める為にも、入浴中に肌の汚れをしっかり取ることも大切なポイントになります。

スポンサーリンク

食事でもできる!乾燥肌対策おすすめ10選

乾燥肌で顔がカサカサ粉を吹いて恥ずかしい!対策と根本から解消する方法

乾燥肌を改善するには食事の栄養バランスがとても大切です。

保湿化粧品を毎日使っても、食事が不規則では肌環境を根本から改善することは難しいですよね。

そこで乾燥肌に良い食事についてご紹介したいと思います。

肌の栄養補給は体のなかからも忘れてはいけませんね。

 

乾燥肌によい食材とは

乾燥肌の食事で欠かせないものが、大豆などの豆類ですね。

豆類には、食物繊維が豊富で、便秘の改善にもなります。

大豆のイソフラボンは、ホルモンの働きを活性化する為、美肌にも欠かせない食材のひとつです。

そして、レバーや乳製品も乾燥肌の食事で欠かせないものですね。

肌の新陳代謝を活発に、皮膚や粘膜を活性化させるため肌荒れや乾燥肌に効果的です。

 

また不足しがちなビタミンが豊富な野菜類

そして、皮脂のバランスを整えるナッツ類も抗酸化作用が高い為、年齢肌のケアにも効果的です。

油成分は、植物油のオリーブオイルやコーン油がおすすめです。

乾燥対策を始めるには、肌表面のお手入れだけでなく、体の中からも、しっかりお肌に必要な食べ物を摂取しましょう。

 

乾燥肌に悪い食材

なんとなく毎日食べてしまう食材には、乾燥肌に悪い食事もあります。

まず、注意したいのが添加物が多い食べ物ですね。

食品の添加物は、皮脂のバランスを崩すため乾燥肌やニキビなどの原因になってしまいます。

また、注意したいのが体が冷える食べ物です。

冷たいジュースなどは、体温を下げ血行が悪くなる原因になります。

 

肌を、健康に保つ栄養素が十分に届かない原因です。

野菜類では、トマトやレタスなどは体を冷やす働きがありますので、食べる量に注意するか、もしくは加熱して食べるなど工夫をしてみましょう。

そして、乾燥肌に悪い食事は、肥満になりやすい脂質や糖質が多いたべもので、甘いお菓子揚げ物は、肌の働きが衰える原因になります。

新陳代謝を安定させるためにも、添加物の多い食べ物は避けるようにして、健康を意識した食生活が必要です。

 

乾燥肌対策に効果的な栄養素

乾燥肌を改善する栄養素についてご紹介します。

肌の状態は、栄養不足を示すサインでもあり、乾燥肌は特に注意が必要です。

肌荒れやがさがさ肌が気になるときはまず食生活を見直すことです。

そこで、必要な栄養素なのがビタミンAです。

うなぎレバーに多く含まれているこの栄養素は、皮膚の潤いを活発にする働きがあります。

 

また、ヨーグルト大豆お米には、肌の栄養成分セラミドを、サポートする働きがあり、角質層の水分を保つ効果があります。

乾燥肌は、皮脂の分泌が不安定な状態です。

潤いを与える為には油成分が欠かせませんが、悪玉コレステロールが多いバターなどの動物性油脂はなるべく避けるkと。

ごま油オリーブオイルなどの、不飽和脂肪酸を摂取すると乾燥肌にも効果的です。

肌を健康に保つには、栄養の偏りをなくしバランスよく食べることが重要ですね。

 

寝るときに加湿器は必要?

乾燥肌の対策に、加湿器を使う方もいますが効果は様々ですね。

加湿器を、もっとも使うのが空気が乾燥する冬です。

暖房器具により、空気が乾燥するため肌の水分も蒸発しやすくなってします。

乾燥肌にはデメリットもメリットもある為、使う前にいくつかの点を理解しておきましょう。

加湿器には、フィルターが付いたタイプがありますが、定期的にメンテをしないと雑菌が繁殖するため、加湿器からでるスチームにも肌に悪い菌が含まれてしまう可能性があります。

 

また、加湿器は電気代などのランニングコストもかかる為、不経済であるデメリットがあります。

しかし、乾燥肌の水分補給としては、加湿器は抜群の働きがありますよね。

また、冬の間は風邪予防としても効果的ですね。

乾燥肌対策には、お手入れしやすい加湿器を選び、肌の状態によって使い分けるとよいでしょう。

 

乾燥肌対策にオロナインを使うメリット、デメリット

どこの家庭にもあるオロナイン。

すり傷や火傷、肌荒れにも、効果があります。

では、乾燥肌対策には、どのような効果があるのでしょうか。

オロナインは、そもそも皮膚用抗菌軟膏剤としてニキビやひび、あかぎれなどの治療として長年愛用されていますよね。

乾燥肌対策にも効果は抜群です。

 

化粧水で肌を整えた後に、オロナインを乾燥が気になる部位に広げてつけましょう。

朝になると肌がつるつるになり、しかも毛穴の黒ずみも綺麗になる効果があります。

しかし、日中外出する際は、オロナインはオイルのような働きをするため、日焼けしてしまう恐れがありますので、外出の際はオロナインはきちんと落としてから出かけたほうがいいでしょう。

 

日中の手軽な乾燥肌対策は?

乾燥肌は、一日中どんな場所でも気になる悩みdす。

冷暖房が、完備されたオフィスでは乾燥肌の対策としてどのような方法があるでしょうか。

オフィスにいるときは、まず湿度計をチェックしましょう。

お肌に良いのは、湿度が60%が良いです。

それ以下の場合は、乾燥肌対策が欠かせません。

 

お肌に直接水分をスプレーする携帯ミスト、また濡れたタオルなどをデスク近くに干すなど、自然気化式で加湿する方法もおすすめ。

また、オフィスで簡単にできる乾燥肌対策は、近くに水をいれたコップを置くだけも効果がありますよ。

アロマオイルなどを入れて、香りでリラックスできるとさらに仕事の効率も高くなるかもしれませんね。

 

乾燥してかゆみがあるときの対策

乾燥肌の症状に、『かゆみ』があります。

この対策をするには、まず保湿が欠かせません。

乾燥肌のかゆみの原因は、角質層細胞間脂質が減少し、免疫力が低下するためです。

肌が、刺激に弱くなることで水分蒸発が、刺激になりかゆみが起こるという仕組みです。

この乾燥肌のかゆみ対策として、簡単にできるのが肌を冷やす方法です。

 

無理やり掻いたり、摩擦をすると角質層にダメージを与えてしまいます。

水で濡らしたタオルで、顔を冷やし、かゆみの一時的な対処を行うと良いでしょう。

根本的なかゆみを治すには、乾燥肌を改善することが必要です。

こまめに水分を肌に与え、乳液などの油成分でしっかり肌に幕をはりましょう。

 

唇が乾燥するときの対策

乾燥肌は、『唇』のかさつきも、悩みの一つですね。

唇は皮膚が薄い為、保水力が少ないことが乾燥の原因です。

リップクリームを何度つけても、カサカサが治らないなんてことがありませんか。

唇の乾燥を防ぐには、摩擦にも注意しないといけませんね。

何度もリップクリームをつけて保湿するつもりが、摩擦により炎症を起こしてしまう可能性もあります。

 

また、リップクリームの成分が肌に合わない場合もありますので、安心してできるはちみつパックがおすすめ。

はちみつは保湿効果が高く、しかも食べ物なので添加物などの心配がありません。

メイクを落とした後に、はちみつを塗り、ラップでふさいで10分ほどそのままの状態にしておきます。

最後はぬるま湯で綺麗に洗い流しリップで保湿をして完了です。

 

もしかしてアトピーかも?

一見同じように見える症状の、乾燥肌アトピーですが違いをご存じでしょうか。

二つの一番の違いは原因です。

乾燥肌は、角質層内の水分が不足してバリア機能が低下することに対して、アトピーは、さらにアレルギー反応として皮膚に異常が起こることが原因です。

 

アトピーは、病気の為、治療が必要になります。

  • 乾燥肌だと思い保湿化粧品でケアをしてもなかなか良くならない場合
  • 継続的にかゆみが炎症が続く場合

アトピーの疑いがありますので、皮膚科でまず相談をしてみましょう。

見極めるのは大変難しいのですが、目安としてもともとアレルギー体質であるか、症状は全身にでるかなどをチェックしてみましょう。

 

乾燥肌の人の知っておきたい上手なメイク法

乾燥肌のメイクのコツは、まずはファンデーションがポイントになります。

パウダータイプは、粉をふいたように見える場合もありますので、保湿効果のある、リキッドファンデーションがおすすめ。

まずメイクを始める前は、化粧水乳液でしっかり保湿をしましょう。

ファンデーションの成分は、肌に刺激を与えることもありますので、クレンジングでしっかりメイクを落とし、毛穴の汚れも綺麗にすることがポイントです。

 

また、メイク用品のブラシパフなど常に清潔に保ち、肌に雑菌をつけないことが大切です。

肌の状態が悪い場合は、基礎化粧品だけでしっかり保湿を行い、ファンデーションの使用を控えることも大切です。

保湿成分が、多いコスメも増えていますので、乾燥肌でも使えるタイプを選ぶとよいでしょう。

 

 

私は、長年乾燥肌で悩んできました。特に秋から冬にかけては、全身白い粉を吹いてしまい、ヒビ割れて痒みが襲います。

洋服などで隠せる部位はまだ良いのですが、顔となるとそうはいきません。

ファンデーションで乾燥肌を隠そうにも、乾燥した肌には上手くファンデーションが付かず、浮いてしまったり、ヒビが入ったりとウロコのような皮膚が余計目立つようになりました。

そこで、乾燥肌を脱却すべくこれまでの肌のケア、とくに保湿について見直しました。

見直した点は、これまで使用していた高級化粧品からコスパの良い化粧品に変えたのです。

 

その理由は、化粧水をこれまでよりもずっと多く使用するからです。

化粧水自体は高額でなくても、化粧水の量や付け方が重要なのです。

とにかく、お風呂あがりの10分以内には化粧水を肌につけることを心がけました。なぜならば、お風呂あがりというのが1番乾燥が早いからです。

手のひらと顔の皮膚が張り付くまで、何度も化粧水を浴びるように付けます。

そして、その後は、これまた高級乳液や高級クリームなどはつけず、ワセリンのみです。

 

ワセリンだけでも乾燥肌を防ぐことができるのですが、ワセリンのみ使用するのは、かかとやひざなどのボディーに有効的で、顔に関しては化粧水の後にワセリンを使用することでより効果を得られました。

これを1週間も続けると乾燥とは無縁のみずみずしい肌を取り戻すことができました。

これまで、どんなに高級な化粧水や乳液、クリームを使用しても乾燥肌を脱却できなかったのに、こんな簡単なお手入れに変えるだけで乾燥肌を完治することができました。

スポンサーリンク

ま と め

乾燥肌で顔がカサカサ粉を吹いて恥ずかしい!対策と根本から解消する方法

ただ、ただ大変としか、言いようのない『乾燥肌』ですね。

冬になると、さらに乾燥の度合いはあがり、加齢など常態的要因からくるものに加えて、環境的要因によることが、重なってくると言うように、乾燥肌にはまさに大敵来襲ですね。

しっかりした、お手入れや予防策が必要であり、自己防衛しか対策はないようです。

潤いのある『お肌』を維持する努力をしっかりすることですね。