これは変な意味ではなく、あなたやあなたのパートナーに関する非常に重要な課題でもあります。

よくある映画やTVドラマの濡れ場シーンでは、ほとんどの場合、つつがなくことが進んで男女ともに絶頂を迎えています。

ですが、現実は双方が同じように“達する“のは容易ではありませんよね。

特に女性の場合、体の構造の違いで『オーガズム』に達しにくい人がいるという、新たな知見で示されました。

もちろん、官能度には個人差はあるでしょうが、最大の問題は単純な生体構造上の解剖学的な違いにあるようです。

それを裏付ける検証を、米インディアナ大学医学大学院のLeslie Hoffman氏が実施し、注目の報告は『Clinical Anatomy』(4月4日付・オンライン版)に掲載されて話題を呼んでいます。

その驚きの報告によると、女性が性交時にオーガズムを得られるかどうかは、胎児期に育まれる身体の発達具合に左右されるというのです。


摩擦を求めるパターン

女性 絶頂

胎児の陰核(clitoris: クリトリス)は、母親の胎内にいるときに、徐々に膣口から離れて上のほうへと移動していきます。

今回の知見を論評した米国産婦人科学会(ACOG)のMaureen Whelihan氏は、このようにコメントしています。

『胎児期にクリトリスの位置が“高くなりすぎた”女性の場合は、通常の性交行為でオーガズムに達するのが難しいでしょう』

もちろん、女性が絶頂に至るには

  • 男性のペニスのサイズ
  • 技量
  • 性欲求の濃淡
  • 場の雰囲気

など様々な点が影響します。

それに加えて『この身体構造における(膣口と尿道口の)距離が強い予測因子となるようだ』と、今回の研究に関与していないが米インディアナ大学キンゼイ研究所のElisabeth Lloyd氏も認めているとのことです。

Lloyd氏によれば『母親の胎内で多量の男性ホルモンに曝露するほど、陰核の移動距離は大きくなる』という事実も判明しており、Hoffman氏はより具体的に、“陰核と尿道口の距離が「2.5㎝」”であることが重要であると報告しています。

この距離を基準にすると、ペニスの挿入だけでは『3㎝以上』の女性はオーガズムを得るのが『難しい可能性が高い』という結論になります。

 

90%が回答!『絶頂は女性上位で』

女性 絶頂

Whelihan氏の診察を受けた女性陣の例でも、10人中9人の割合で過去にオーガズム経験をもつが、その大半がクリトリスを直接刺激する必要があったことを明かしています。

また、70~90%の女性層が、挿入行為だけでは絶頂に達することが不可で、膣による絶頂経験を持つ女性の9割が「女性上位」の体位効果を証言しています。

 

一方、サザンオールスターズの歌にも登場した女性の尿道海綿体、「Gスポット(Gräfenberg spot:G-spot)」については、専門家の大方がその存在自体を認めていないようです。

Whelihan氏も「もし存在するとしても、それはごく少数の女性のみだと考えている」と語り、女性のオーガズムを望むカップルには、陰核への摩擦を得られる女性上位をすすめています。

スポンサーリンク

女性がオーガズムを感じるまでの4つのプロセス

女性 絶頂

 

1,興奮期

女性 絶頂

オーガズムへと向かう最初のステップは“愛液が出る=濡れた”状態になることです。

性欲が高まってくると、軽いスキンシップやキスだけでも女性のアソコは濡れますが、注意点としては分泌される愛液(ラブジュース)の量には個人差があるということです。

男性からするとどうしても“いっぱい濡れてたほうが気持ちいいに決まってる!”という感覚でとらえてしまいますが、汗をかきにくい人がいるようにあまり濡れない女性もいるのです。

加えて一般的には年齢を重ねるほどに愛液の分泌料は減っていってしまいます。

いい雰囲気で女性が濡れていれば、興奮期の第一段階に入っていると言っても間違いないでしょう。

 

2,『高原期』:女性器が赤くなり、広がる

女性 絶頂

興奮期の次のステップとして小陰唇(いわゆる“ビラビラ”)に血液が充填され、周囲が赤味をますと同時に膣の入り口が広がって男性器を受け入れやすい状態になります。

さらに膣の入り口付近は厚みが増し、ペニスを程よく締め付ける準備もされます。

濡れるのとは違い、目で見ないと確認が難しいので舐める・触るなどの愛撫中に自然に確認することができます。

「高原期」の状態に入れば男性器や指の挿入をしても問題ないでしょう。

 

3,「オーガズム期」

女性 絶頂

高原期に入れられたペニスによって女性の快感はどんどん増していき、先ほどまでの恥じらう声と違う漏れでてしまうような快感の声や、体の反応で身をよじらせたりと徐々にオーガズムへ向かいます。

体の反応としては、乳首がピンと立ち、手足が外向きへ広がっていき、そしてオーガズム=絶頂を迎えると膣や肛門が“ビクン、ビクン”と1秒弱の短い感覚で律動しはじめます。

男性はペニス周りに集中して快感を覚えるのに対して、女性は全身にオーガズムを感じるのです。

 

体中が敏感になり感度もMAXの状態で、指が少し触れる程度の些細な刺激でも反応してしまったり、人によりますが女性はオーガズムを複数回感じることもできるため、何度も昇天する人もいるようです。

同時に、痛みに対しては少し鈍感になるため激しい腰使いや強めのボディタッチ、スパンキングなども受け入れやすいでしょう。

スポンサーリンク

4,『消退期』:快感が長引きつつ、興奮が徐々に静まる

女性 絶頂

オーガズム期が終わっても、女性は興奮の引きがゆるやかで気持ちイイ感覚は続きながら、膣やクリトリスが時間をかけて元に戻っていくのです。

男性のように果てた瞬間から満足感と疲労感でやる気を失う状態とは異なり、女性は消退期の前半でも感度が高まっているため、女性が感じているようであれば軽い愛撫やスキンシップなどをすれば気持ちよさを長続きさせることができるでしょう。

そして骨盤に流れていた血が引いていく頃には、少し気だるく幸福感に満たされた感覚が訪れるのです。

 

女医がED治療薬を服用!?裏技を公開!

女性 絶頂

ほかにも、女性が意外な方法で絶頂を迎えるための方法があります。

『週刊現代』(5月21日号)で、性科学者で婦人科医の宋美玄氏が、ED治療薬「シアリス」の効用を自らの体験から『その時は今まで体験したことがないくらい、ものすごく感じちゃいましたね。パートナーと一緒にとても楽しいセックスができ、女としての悦びを再認識することができました』と告白しています。

しかし本来、シアリスは男性の勃起力を改善するためのED治療薬で、宋氏も女性への媚薬効果を推奨して処方するわけではないといいます。

「濡れない」「痛い」「感じにくい」などの更年期障害に伴う訴求者(=女性ホルモンの投与後も改善されないとか)への「奥の手」として、シアリスを勧めているとのことです。

「健康的で快適な性生活とは何か? そこに必ずしも女性のオーガズムが必要不可欠なわけでもありません」と前出・キンゼイ研究所のLloyd氏も助言しています。

スポンサーリンク

まとめ

女性 絶頂

女性が絶頂を迎えるためには色々と複雑な順番があるのです。

男性は自分の快楽のためだけではなく、女性のことも考えて行動を起こしてあげましょう。

そうすることでお互いに幸福感に満たされるでしょう。