毎年必ず一回はやってくる節分の季節。

 

この季節になればいつも耳にします。あの曲を。

♪おに~のパンツはいいパンツ~つよいぞ~つよいぞ~♪

 

私には小さな息子がいるので教育番組をよく見ています。

教育番組ではその季節ごとにあった童謡を歌ったりして懐かしさも感じながら楽しまさせてもらってます

いつも節分の季節が近づいてくると、教育番組の主演でもある歌のお兄さんとお姉さんが童謡『鬼のパンツ』を歌っています。

とても楽しそうに!

この曲でいつも息子を夢中にさせられています。

あの曲の魅力は凄いですね。

1番だけをとって聞いても凄いインパクトがある童謡『鬼のパンツ』で、1番の歌詞だけで完結していると思っている方も多いのではないでしょうか?

実はそこまで多くの方にはあまり知られていない2番の歌詞もあるのです。

あなたは2番の歌詞があったこと、その内容を知っていますか?

また2番の歌詞が私たちの期待に応えるかのように凄く面白く、魅力あふれたものになっているので、是非ご覧ください!

意外な真実がここに!?


ユーモアがハンパない!?童謡『鬼のパンツ』の2番の歌詞3つのパターン

鬼のパンツの2番の歌詞がヤバいw精神分析から見る驚きの真実とは・・・!?

あなたはそもそも『鬼のパンツ』1番の歌詞って知っていますか?

まず2番の歌詞を紹介する前に復習として『鬼のパンツ』の1番の歌詞を見ていきましょう

1番の歌詞は次の通りです。

 

鬼のパンツはいいパンツ つよいぞ つよいぞ

 

5年はいてもやぶれない つよいぞ つよいぞ
10年はいてもやぶれない つよいぞ つよいぞ
100年はいてもやぶれない つよいぞ つよいぞ

 

はこう はこう 鬼のパンツ
はこう はこう 鬼のパンツ

 

あなたも わたしも おじいちゃんも おばあちゃんも
みんなではこう 鬼のパンツ

 

※住んでいる地域は年齢によって若干歌詞は変わります。

 

 

では、皆さんが一番気になるところの2番の歌詞。

 

実のところ、2番の歌詞はいくつもの種類が存在していて、ほぼカオス状態になっています

 

ここで全てあげるときりがないので3パターン紹介します。

今まで知らなかった2番の歌詞。

新たな発見を楽しんでください!w

 

『鬼のパンツ』2番歌詞 パターン1

 

トラのパンツは いいパンツ  しなやか  しなやか
うさぎの毛皮で できている  しなやか  しなやか

 

5年はいても いいきもち   しなやか  しなやか
10年はいても いいきもち   しなやか  しなやか

 

はこう はこう トラのパンツ
はこう はこう トラのパンツ

 

あなたも わたしも あなたも わたしも
みんなではこう トラのパンツ

 

 

パターン2

 

うさぎのパンツは いいパンツ  しなやか  しなやか
白いシルクで できている    しなやか  しなやか

 

5年はいても やわらかい   しなやか  しなやか
10年はいても やわらかい  しなやか  しなやか

 

はこう はこう 兎のパンツ
はこう はこう 兎のパンツ

 

あなたも 私も おじいちゃんも おばあちゃんも
みんなではこう 兎のパンツ

 

 

パターン3

 

君のパンツは駄目パンツ   弱いぞ 弱いぞ

 

5分はいたら破けちゃう   弱いぞ 弱いぞ
2分はいたら破けちゃう   弱いぞ 弱いぞ
はいた途端に破けちゃう   弱いぞ 弱いぞ

 

はこうはこう駄目なパンツ

はこうはこう駄目なパンツ

 

あなたもわたしもおじいちゃんもおばあちゃんも
そ~っとはこう駄目なパンツ

 

私個人的な意見として『しなやか』がポイントです。

まあ見たらわかるように、もはや酔っぱらったおっちゃんの替え歌みたいですね。笑

意外にもパターン3については、カラオケにも収録されているようです。

この『鬼のパンツ』の原曲は、イタリア語の『フニクリ・フニクラ』という曲になっています。

原曲の歌詞の物語は一言で簡単にまとめると、

『登山電車に乗って火山を見に行ったら最高だったぜ!』

というものです。

これを日本語版にされた「鬼のパンツ」とはそもそも全く意味が違いますね。

スポンサーリンク

『鬼のパンツ』作詞は誰がしたの?ターゲットはコレ!

鬼のパンツの2番の歌詞がヤバいw精神分析から見る驚きの真実とは・・・!?

一説では、田中星児さん(グッチ裕三さんのいとこ)が童謡『鬼のパンツ』の歌詞を作詞したと言われています。

この曲の対象としたターゲットはもちろん子供です!

子供は、おしもネタが大好きなんですよね。そんな子供たちにとってこの童謡は凄く魅力的なのでしょう。

私の息子も、この話になると目をきらきら輝かせて食いついてくるんですよ。

お店等で息子が「パンツ―!」とか大きな声を出すから、私が「やめなさい!」と注意することなんて頻繁にあります。

カオスのような広がりを見せている「鬼のパンツ」の2番の歌詞ですが、そういった子供たちの興味に比例している結果でしょう。

ふと考えたことがあり、そもそも子供はなぜおしもネタを好むのでしょうか?

話が一旦飛びますが、調べていくうちに予想もしなかった精神分析の神フロイトとつながったので、それを今から紹介します。

これもまた心をくすぐられるような内容になっているので楽しみください!

 

【精神分析】子どもたちがおもしろネタを好む3つの理由

鬼のパンツの2番の歌詞がヤバいw精神分析から見る驚きの真実とは・・・!?

単刀直入にいうとフロイト曰く、子どもたちがおしもネタを好む理由は以下の3つだそうです。

  1. 誇りを持っているから
  2. 爽快だから
  3. 知らないから

 

これだけだとよくわからないので1つずつ詳しく説明します。

 

理由1:誇りがある

鬼のパンツの2番の歌詞がヤバいw精神分析から見る驚きの真実とは・・・!?

一言で簡単にまとめると、子どもたちには『自分はここから(おしもから)誕生したんだ!』という誇りがあるのだそうです。

この記事の筆者である私はもう三十路なので、思い返せる一番昔の記憶は3歳ごろまでで限界です。

しかし、生まれて数年の子どもたちにとって、母親の産道を通って外の世界に出てきたのはついこの間の話です。

言葉を少しずつ覚え始めたきた子どもたちが、ごく稀に生まれた時の記憶を親に話すように、小さい子どもたちの中にはどこからどうやって自分は誕生してきたのか?という記憶が、ほんのわずかに残っているのかもしれません。

だからこそ、子どもたち自身はこの世に誕生したんだぞー!!』という誇りがあるので、おしもネタに愛着が湧くのですね。

 

理由2:爽快感

鬼のパンツの2番の歌詞がヤバいw精神分析から見る驚きの真実とは・・・!?

便を排泄をすることは、大人も子どもも一切関係なく『爽快』ですよね。

フロイト曰く、このような爽快感を感じることができる身体の部分の名称を『催情部位(さいじょうぶい)』というようです。

産まれて間もなく、授乳をしている時期の子どもたちの一番の催情部位は口であり、母親と密着することで心地よさというのをを覚えていきます。

しかしそれがずっと続くわけではなく、断乳や卒乳のよって口の催情部位としての役割が終わってしまうと、今度は排泄の方向で爽快感を見つけるそうなのです。

『すっきりすることはいいことだ!』

つまり、こういった思考によって、子どもたちはおしもネタを好むのです。

 

理由3:そもそも知らない

鬼のパンツの2番の歌詞がヤバいw精神分析から見る驚きの真実とは・・・!?

そもそも子どもたち(特に物心がつくかつかないかくらいの年齢)は、身体の構造、つまり、おしも=排泄物=汚いということを知りません

逆に知る方が難しいですよね。

トイレの練習を始めた段階では、子どもたちにとってトイレが終わった後に手を洗うことは意味がわかりません。

公私問わず、あらゆる場所、場面で平気におしもネタを大きい声で叫んだりするのは、それが『汚いということを知らない』からなのですね。

どこにでもあるおもちゃとかと同じレベルの扱いなんですね。(周りの反応を見て面白がっているという理由もありますが)

スポンサーリンク

まとめ

鬼のパンツの2番の歌詞がヤバいw精神分析から見る驚きの真実とは・・・!?

 

そもそも1番の歌詞に凄いインパクトがあるからこそ、童謡『鬼のパンツ』の2番の歌詞が、カオスのような広がりを見せています。

ただ、もう一つの背景があります。

それは、、、

  • 子供が「本能的に」愛着のある、おしもに関するネタを題材にしたこと
  • 童謡として日本に広がったこと

という背景があるからこそでしょう。

子供がおしもネタを好む理由をほどいていくと、なぜか強い生命力を感じさせられますね。

大爆笑しながら「パンツ―!」とか大きな声で叫んでいても、大人は寛大な心で見守ってあげるべきでは?なんて思ったりもしましたが、、、

でもそれは少し違いますね笑

プライベートならいいけど公共の場だと他の人にも迷惑がかかりますので、、、笑